Vizyon

Putin’in ABD karşıtı bloku Kahire Şam Ankara ekseninde oluşuyor!

Սերժ Սարգսյանը հայտարարեց Վիգեն Սարգսյանի ժամկետը

Putinin Azərbaycana qarşı təzyiqləri..

Kore Basını : Kore Savaşındaki Gerçek Hikaye’nin Sahibi Cesur Türk Askeri’nin Son Yolculuğu

南アゼルバイジャンを知ろう 著者:脇坂恵介、ケリム・アスケリー

Gündem 30 Kasım 2017
27

アゼルバイジャンといえば、一般的には1991年にソ連邦から独立した南カフカスのアゼルバイジャン共和国を指す。この定義は正しいといえるが、歴史的な「アゼルバイジャン」の全域を内包していない。なぜなら元来「アゼルバイジャン」には大半がイランの占領・支配下にある南アゼルバイジャンが含まれるからである。1813-1828年におけるトルコマンチャーイ条約とギュリスタン条約によりこの民族の意志とは関係なく南北に分断され、この分断はカージャール朝イランとロシア帝国の間の戦争の結果であった。
約3500万人の人口を擁する南アゼルバイジャンは東側はカスピ海に、西側はトルコ国境に面しており、北側はアラス川に、南側はイランの首都テヘランの近くにまで広がっている。重要な都市としてタブリーズ、ウルミエ、ザンジャーン、アルダビール、アースターラー、ミヤーネ、ハルハル、ホイ、ガズヴィーン、マラーゲ、マーランドなどがある。イランの全人口約8000万人のうち40-45%がこの地域に居住しているにも関わらずこの地域の人々は自らの母語で教育を受ける権利を有しておらず、1945年から1946年までの間に母語であるアゼルバイジャン・トルコ語での教育が行われただけである。1945年12月12日から1946年12月までミールジャアファル・ピーシェヴェリーの指導のもと南アゼルバイジャンに1つの国家が成立した。しかしこの国は1年間のみ続き、イラン軍がタブリーズを制圧した後、イランは冷戦期初の大量虐殺を行った。約5万人が殺害され、数万人もの人々が強制移住させられ、アゼルバイジャン・トルコ語で書かれたあらゆる書籍や資料が焼き尽くされた。
パフラヴィー朝時代から現代まで1年間のピーシェヴェリー政権時代を除き、イラン国家はアゼルバイジャン・トルコ人に対しあらゆる同化・差別政策を行ってきた。自身の民族的アイデンティティーを要求しているにすぎない人々さえ残忍な手段で抑圧し、トルコ-アゼルバイジャンのスパイとして断罪し続けている。南アゼルバイジャンの人々が新生児にトルコ語の名前を付けることさえ禁じられている。
この文章では「アゼルバイジャン」が現在のアゼルバイジャン共和国だけでなくあまり知られていない南アゼルバイジャンについて解説してきた。

Yorumlar